高齢者の応急処置>高齢者の止血法(止血帯法)

<高齢者の止血帯法>
止血帯法は手足の大出血で
直接圧迫止血法で
止血が出来なかった場合のみ使います。

止血帯法が行える部位は決まっており、
膝から足の付け根までの足と、
ひざから肩までの腕までに限ります。

まず止血帯を準備します。
止血帯は幅の広い布を使います。

止血帯が細いと皮膚に食い込んでしまう
恐れがあるため幅は3cm以上のものがいいです。
止血帯をこぶしが1つ入るくらいゆるび
当て布を置きます。

そこに棒を入れ、
出血がとまるまで
棒を静かに回します。
止血出来たら棒を固定して下さい。

また止血帯法を行った場合、
必ず止血した時間を記録して下さい。

それは止血帯法は心臓から
送られてくる動脈血を止めてしまうので、
あまり長い血液を止めておくと
循環障害を起こしてしまうためです。

止血帯法を30分続けたら、
必ず一度止血帯をゆるめてください。
再開時間は約1〜2分、血部分から血がにじみ出る程度です。
その時間には直接圧迫止血法をしてください。

高齢者の応急処置

トップページ
高齢者の病気(のどの乾き)
高齢者ののどの渇きのケア方法
高齢者の病気(お腹の張り)
高齢者の病気(水分摂取量)
高齢者のろれつがまわらない原因
高齢者の病気(尿失禁)
認知症高齢者の病気(尿失禁)
高齢者の病気(頭痛)
高齢者の病気(めまい)
高齢者の軽いめまい
高齢者の病気(胸の痛み)
高齢者の胸の痛みの原因1
高齢者の胸の痛みの原因2
高齢者の病気(息苦しさ)
高齢者の病気(誤嚥性肺炎)
高齢者の病気(目のかすみ)
高齢者の病気(発熱)
高齢者の病気(貧血)
高齢者の病気(急性貧血)
高齢者の病気(せき込み)
高齢者の病気(呼吸器疾患)
高齢者の病気(冷や汗)
高齢者の病気(血管の異常)
高齢者の病気(精神的不安感)
高齢者の病気(.胃がん・胃炎)
高齢者の胃潰瘍・十二指腸潰瘍
高齢者の十二指腸憩室・大腸がん
高齢者の大腸憩室・虚血性大腸炎
高齢者の病気(,急性虫垂炎)
高齢者の病気(イレウス)
高齢者の病気(膵炎)
高齢者の胆石症・胆道感染症
高齢者の病気(心不全
高齢者の心不全の生活改善方法
高齢者の病気(高血圧)
高齢者の高血圧による病気
高齢者の病気(麻痺)
高齢者の病気(内出血)
高齢者の病気(鼻出血)
高齢者の病気(白目の出血・下血)
高齢者の病気(吐血・喀血)
高齢者の病気(尿血)
高齢者が転倒した場合の応急処置
高齢者が倒れた場合
高齢者の心肺蘇生法1
高齢者の心肺蘇生法2
高齢者の大量出血
高齢者の出血の種類
高齢者の直接圧迫止血法
高齢者の止血法(止血帯法)

その他

リンク募集中
子どもの健康を考えよう! アスペルガー症候群の症状