高齢者の応急処置方法を大公開!正しい知識で慌てずに!

やはり年を重ねるごとに
身体は弱ってきます。

「今まで大きな病気なんてしたことが
ないから大丈夫だ。」
「身体に気を使っているから大丈夫。」」
「家のおじいちゃん、おばあちゃんは元気だから心配ない。」
「ちょっと体調が悪くても寝ていれば大丈夫」
と思っていても
高齢者の方の身体は皆さんが思っているより
弱く、大丈夫と思って油断していると
突然の事態にすぐ行動がでません。

すぐにその症状への判断ができず
大丈夫だと思って放置しておくと
今までのように動けなくなったり、
寝たきりになってしまったり、
最悪の場合は死にいたってしまうことがあります。

そうならないために
まわりにいる家族や本人が
高齢者に起こりやすく、
注意が必要な症状についての対処方法やケア、
突然、高齢者の方の身体に異変が起きた時に、
病院へ行くべきかそれとも救急車を呼ぶべきかを
すぐに判断をすることのできるように
正しい知識を付けましょう。

もし高齢者の方が倒れたら、
高齢者の負傷している箇所、程度、
急病であれば、どこが痛いのかを
近くにいるかたは確かめてください。

この時に、医師に診てもらうべきか
その場で応急処置でよいか正しい判断をします。

医師に診てもらうべきだと判断したら
高齢者の方はその場から動かさないようにし
周りにいる方に助けを求め
119番通報してもらうよう頼んでください。

救急車を待っている間は、
症状を見て正しい応急処置を行ってください。
また、道路上などの危険な場所で
高齢者の方が倒れてしまった場合は、
まわりのかたに手伝ってもらい
安全な場所に移動させましょう。

この一連の動作をあなたはできますか?
もしあなたの大切な家族である
おじいちゃん、おばあちゃん、
両親が突然倒れてしまったら、
あなたは何ができますか?

高齢者の方の身体に
何かあってからでは遅いんです。
何かある前に正しい知識をつけて
もしもの事があったときに
適切な判断、正しい応急処置、
ができるようにしておきましょう。
大切な家族の命を守りましょう。

〜推薦サイト〜
更年期障害の症状をチェックしよう
更年期障害の症状を理解できていますか?
動悸がするなどの自分の身体の変化感じたら…。
ADHDをチェックする方法!
基準がまだ明確に決まっていないからと安心してはいけません!
特徴を理解して早期診断・治療を!
うつ病歴4年の患者が語るうつ病マニュアル
うつ病はれっきとした病気です。軽く見てはいけません。
周りの人のケアも大事なのです。勉強してみませんか?

高齢者の応急処置

トップページ
高齢者の病気(のどの乾き)
高齢者ののどの渇きのケア方法
高齢者の病気(お腹の張り)
高齢者の病気(水分摂取量)
高齢者のろれつがまわらない原因
高齢者の病気(尿失禁)
認知症高齢者の病気(尿失禁)
高齢者の病気(頭痛)
高齢者の病気(めまい)
高齢者の軽いめまい
高齢者の病気(胸の痛み)
高齢者の胸の痛みの原因1
高齢者の胸の痛みの原因2
高齢者の病気(息苦しさ)
高齢者の病気(誤嚥性肺炎)
高齢者の病気(目のかすみ)
高齢者の病気(発熱)
高齢者の病気(貧血)
高齢者の病気(急性貧血)
高齢者の病気(せき込み)
高齢者の病気(呼吸器疾患)
高齢者の病気(冷や汗)
高齢者の病気(血管の異常)
高齢者の病気(精神的不安感)
高齢者の病気(.胃がん・胃炎)
高齢者の胃潰瘍・十二指腸潰瘍
高齢者の十二指腸憩室・大腸がん
高齢者の大腸憩室・虚血性大腸炎
高齢者の病気(,急性虫垂炎)
高齢者の病気(イレウス)
高齢者の病気(膵炎)
高齢者の胆石症・胆道感染症
高齢者の病気(心不全
高齢者の心不全の生活改善方法
高齢者の病気(高血圧)
高齢者の高血圧による病気
高齢者の病気(麻痺)
高齢者の病気(内出血)
高齢者の病気(鼻出血)
高齢者の病気(白目の出血・下血)
高齢者の病気(吐血・喀血)
高齢者の病気(尿血)
高齢者が転倒した場合の応急処置
高齢者が倒れた場合
高齢者の心肺蘇生法1
高齢者の心肺蘇生法2
高齢者の大量出血
高齢者の出血の種類
高齢者の直接圧迫止血法
高齢者の止血法(止血帯法)

その他

--当サイトはリンクフリーです--
当サイトはリンクフリーです。
管理人の許可は必要ありません。
相互リンクを随時募集しております。
相互リンクをご希望の方は、 こちら
のメールアドレスへご連絡ください。
------------------------------

管理人相互リンク集
           
            10

リンクル
おすすめサイト1
おすすめサイト2
おすすめサイト3
アクセスアップ
相互リンク
Google+


サイト登録 Paseon